シャトー ビーチ リゾート

予約番號:886-8-886-2345

EN
© 2017 Chateau Co.,Ltd All right reserved.網頁設計- iBest

シャトー ビーチ リゾート-Chateau Beach Resort

エランビ公園

距離は 約 9.4 キロ,運転約 15 分
「鵝鑾」は排湾族語の「帆船」の発音と同じで、そこの付近に帆船に似た岩石があり、「鼻」は「突き出す」という意味で、ちょうどここは岬角地形で、そのため鵝鑾鼻という名前になりました。ここの風景は自然のままの景色が残っています。鵝鑾鼻公園は約59ヘクタールで、台湾の最南端に位置し、太平洋とバーシー海峡の分界点にあります。自然と景観が美しい休憩園区で、台湾八景の一つに選ばれました。 鵝鑾鼻全区は隆起した珊瑚礁地形で、大きい珊瑚礁石がいたる所にあります。強い風と海水の浸食で、岩石景観は沢山の形をみせています。非非洞、古洞、幽谷、イノシシ石、擎天石、キス石などは園区内有名な景観です。名前から想像するだけで楽しいでしょう。 歩道にそって園区を歩きまわったら、礁岩の間、岩壁上にアダン、オオハマボウ、象牙樹、山豬枷などの熱帯植物が見られます。これらの植物は鳥や蝶々がよく似合います。オオゴマダラ、キシタアゲハ、タイワンオナガ、クロガシラもここを家だと思ったようです。鵝鑾鼻公園の動植物生態もかなり面白そうでです。自然生態の他、鵝鑾鼻公園内には文化遺産も少なくありません。園区内には約5000年前の旧石器時代末期の文化資産で、見るに値します。「東アジアの光」と呼ばれる鵝鑾鼻灯台は1881年(清光緒7年)に建てられましたが、当時は原住民に壊されないように、わざわざ灯台を砲塁の形にしました。砲台と撃つための穴があって、壁外にも塹壕が掘ってあります。かつては武装兵が守備していて、世界中でもあまり見ない武装灯台です。今は史跡保存区にされていて、見逃せないスポットです。

ソース:屏東観光旅行サイト
  • シャトー ビーチ リゾート
  • 観光名所
  • 24 Oct.2019

    チェックイン

  • 25 Oct.2019

    チェックアウト

アクセス 電話 ショッピング 予約 Top